2012年1月16日月曜日

坂本洋子(主婦54歳)       ・貴方と家族になりたい2

坂本洋子(主婦54歳) 貴方と家族になりたい
純平さんとの悲しい別れの後 3番目の子供を預かる 耳の聞こえない女の子 
耳の聞こえない児童養護施設が有るが定員が一杯でちょっと預かってほしいと
言われて施設が空くまで預かった子です
障害を持つ子を預かる不安は?→流石にそういう子とは私も出合ったことが無かったので
不安は確かに有ました
彼女は字が書けるわけでもないし、手話も出来ない 彼女との会話の方法がなにも無かった 
人間の気持ちだけで繋がっていた

意外に人間という者は会話が無くても気持ちは通じる物だとは思いました 
彼女は非常に頭の良い人でしたから いま何が必要なのかとか そういうことが全部判っていて
私が何か探し物をしていると彼女が本当に私が探している物をふっと持ってきてこれ 
と言ったみたいに差し出してくれたり そう言った事が沢山ありましたね
人が人と一緒に暮らすことがそんなに言葉が無くても出来るんだなと思いました 
数カ月で施設に行ったがその後も家に時々来てくれて18歳まで続きました
その後の里子も大半が障害を持った子でした 意外にハンディーを持ったお子さんを育ててみると 
あっ 自分にできるかしらと思っていたことが意外と出来るんだなと
言う事は気付かされました
 
親が育ててくれないで尚且 障害を持っていると云う事はかなり其の子供さんは負わされている
ものというものは大きいじゃありませんか 
ダブルハンディーだと思いますが 彼らに取ってみてはハンディーではない 
彼らはマイナスだとは思っていないし それを彼らは当然のように人生 生きているわけで
本当にいつも前向きですよね いつも前向きに生きているけなげさに頭が下がりますよね 
ご主人も障害を持つお子さんたちの学校の先生をしていらっしゃる→そういう主人がいたからこそ
そういう決断ができたんだろうなと思います
色んな情報を教えてくれたり こんな本が有るよととか いろいろアドバイスをくれるので非常に支え
になります

他の子は?→知的な障害もありますし、発達障害もありますし 様々です  
その子のニーズに合わせた生活をする
26年間で一番大変な時期は?→ 東京都独自にファミリーホーム制度を持っていたので 東京都独自が
10年 国が制度化して3年になる 13年間は多人数養育をしている
今の高校生が小さかった頃があって 4学年(幼稚園から小学校低学年)に5人いた 
あの時が一番手が掛っていたし大変だった 
小さいので家に置いてお留守番してねとは云えなくて 何かあると一人の子供の為に5人全員
連れて動く 一人の通院に5人がくっ付いていくという
朝の支度は大変 学校との連絡帖を4人書く 毎日 子供の体調の事 様子とか書いて学校に提出する  
食事は夜のうちに用意して冷蔵庫に入れておく 高校生は早く行くので早班と遅班がある 
主人が高校生、私が遅班の面倒をみる 

洗濯は乾燥機を使ってその日のうちに全部乾かしてしまう 
洗濯機 乾燥 →洗濯機 乾燥 →洗濯機 乾燥 →と一番洗濯機が働いている
(一日中動いている)
ハンディーのある子は家庭で育つと云う事は意味が有ると思う 
ハンディーの無い子はいつかは結婚して自分で家庭を持つことが有るかも知れない
ハンディーのある子はもしかしたら結婚出来ずに一生を終える事になるかもしれない
 そうすると家庭を持つと云う経験もなく一生を終える 
私達のようなこういう家庭が提供されてその中でハンディーのあるお子さんも家庭というものを味あう
事が非常に大事だと思います

いまはハンディーのあるお子さんを出来るだけ引き取ると云う事をしています
薫さん(長女) 2歳で家に来て20歳までいました 今は一人で生活している 
時々帰ってきて あれちょうだい これちょうだい と云ってきます
家計はどうするのか?→26年の13年間に関しては行政から頂く処置費が有るが 
それでは足りなくて全部主人が働いてきたお金でそこに補充しながら
生活をしている 子供には食べたいものを食べさせてあげたいし 色んな味わいをさせてあげたい
と思っているので 惜しみなく使うと云う事を考えています
お金に固執し始めると 色んな事を制約しなくてはいけないと云う事があるので 
我儘とはならない程度 世の中の普通の暮らしをさせてあげたいなと思います
彼らは生まれる先を選べなかった訳でもし選べる事が出来るならば 両親が揃っていて安定し
た家に生まれたかったと思います

生れてみればそうではない状況に有った その中で必死になって生きようとしている子供たちに
普通の家庭と同じようなぬくもりや物質的なものを与えると云う事は
彼らにこそさせてあげたいなと私は思います 
接し方で大事にしていることは?→一杯有るが 彼らは生れてから人間不信 そこからスタートしている  
本当に自分は生きていていいのだろうかとか
色んな思いを抱えながら生きていますね 虐待を受けた子供は特に心に傷を負っています 
そういう子供たちがマイナスの感情を持つのではなく
プラスで色んな事を考えてほしい 先ず私達里親が 子供たちから信頼される人間である 
そこが私は先ず第一だと思います

第二に子供たちは人生を終えるときに  自分の人生を振り返ってみて 結構いろんな事が
有ったけど 生れてきてよかったな まんざら悪い人生じゃなかったじゃない
そうやって人生を閉じてもらいたいので 私は出来るだけ、子供のうちにもそうだし ああしたい 
こうしたい という事には答えてあげようとしています
物質的だけじゃなく精神的のも 例えば 小学校4年生だった子がいるんですが、彼が幼稚園の時
に私達が親ではない事を伝えた(真実告知という)
親子ではないと云う事を伝えるだけでなく 私達は確かに親子ではないけれども 私は貴方
を愛しているし 貴方はずっといていいんだよ って言って そう言ったことを伝える
告知した時に彼は こう言った 「僕ねー 世界の中でママの事一番好きなんだよ 
だから僕がママ大好きと言ったら ママは僕の事をぎゅーと抱っこして
きゅーとしてね」と言ったんですね 

そういう事も子供の大切な要求ですから 私も判ったよっていう 
それから「ママ抱っこした」といったら私は必ず膝に抱っこして
ぎゅーっと抱っこして ママ大好きという彼を 「私も大好きよ」って ぎゅーっと抱きしめてあげるんです
そういう事の繰り返しをずっとし続けている その中から自分だけの大人の温もりとか 
この人によりかかっていいんだ という信頼とか そういうものが芽生えてくる
それが子供にとってはそういうやり取りが大事だなと思います
 物心両面と言いましたが そうやって色んな絆を作りながら子供を育ててゆくという事を心掛けています
18歳が期限になっています 18歳でハイさよならではなくて 子供にとっていつでも帰って来てくれる
家になっています

子供同士は直ぐなじめるものですか?→どういうわけか子供同士の方が馴染むのは早いですね
 年齢的に近い子がいる方が早く馴染んでゆく
全体的に同じ境遇だと云う意識が有るのではないかと思います
26年間で子供との確執は?→いろいろ有ました 矢張り過酷な状況で生きてきた子供たちは
私達大人に対して怒りが出るような誘いの仕方をして来るんですね
其の挑発に乗ってしまうと私達も かーっとなって怒りが込み上げたりする訳です 
その挑発に乗らないように距離を取りながらやらなくてはいけないが
抑えようの無い怒りが噴出することはよく有ました 
ですからそういうお子さんに対してはわたしも有る程度までは出来ますが 
ここからは出来ないんだという
自分なりの決断を迫られると云う事は何度もありました 

ですから途中で私達の家から保護施設に移って行ったと云う子も何人かいましたし 
中途半端に終わってしまったこともありました 
長女は放浪癖があった 小学校の頃からまずランドセルを背負って帰ってきた事が無かった 
毎日ランドセルをどこかに置いてあって ランドセルを探してそれから
彼女を探すという事を毎日やっていました どこかの公園に居たりとか 友達の家に入りこんでいたりとか 
気に入らない事が有ると そのまんまプイとどこかに
いってしまう これは相当大きくなるまでずーっと続きましたね 20歳まで続きましたね 
彼女は怒りだすと止まらないと云うところが有って 相当彼女と取っ組み合いもしましたし 
首を両手で絞められた時もありました 鉄パイプで殴られた事もあります
其の時に思ったのはこの子を犯罪者にしてしまってはいけない という事だけでした 
ひどい事は沢山ありましたね でも大人になれば段々落ち着いてきますし
今はお母さんといって家に来ますし 手離さなくて良かったと思います

実の親と一緒になれたのが一人います 今は29歳になったと思います 
今はお母さんのところで幸せに暮らしています 
彼が高校生になった時に引き取りたいと云ったんですけれども 子供の方が高校を卒業したら戻る
から って言って ここで卒業したい 当時養護学校でしたけれども
養護学校高等部を卒業してから帰ると云ってその通りにして 就職して今はとってもいい関係に
なっています
里親としても悩みは尽きないのでは?→心配をあげればきりがない 2003年からですが
 私の家で里親サロンを開いています
2003年に宇都宮で里母さんがお子さんをあやめてしまったという事件が有りましてその事件を
聞いたときに こんな悲しい事は2度と有ってはいけないと思いまして
里親同士が気兼ねなく 色んな事が吐き出す場所を作ろうじゃないかと思いまして そこから
里親サロンを作りました

今では里親サロンてあちこちに有りますが (行政もその大切さを知って下さって) 
当時はどこにもなかった
遠くから (自動車、夜行バス、飛行機)来てくれて 色んな事を話し合いました 
里親は守秘義務が有って子供の事は色んな事を話してはいけないという守秘義務が
課されている やたら子供の事をあちこちで話せない 又里子独特なものがある 普通の人には
理解してもらえない
里親ならではの共感できる部分が有る サロンでいろいろ情報交換、アドバイス等をする 
(話をするだけでも里親は気持ちがふーっと楽になって アー良かったと
明日からがんばれそうですと 云って帰って行かれました)

当時は周2回 今は周1回 里親、虐待防止センターの方 、臨床心理士、大学の先生等が参加される
5人超えると制度的にサポートしてくれるようになった 
平日5日間色んな形で助けてもらっている
里親になってから個人の時間はない 子供と一緒に過ごせるこの毎日が宝だと思っているし 
この人生を与えていただいた事とーっても有りがたいと思っているんです
子供にとっての掛け替えの無い大人の一人にさせていただいているというのは これは何を
差し置いてもとっても有りがたい事ですね
子供たちの成長を何人も何人も見る事ができて手ごたえ有るわけですから 
凄い映画を見るより楽しいです

坂本さんを駆り立てているものは?→私はこれは自分の人生に与えられた これが定められた道
だと云う風に思っているので 子供たちと過ごすこの日々は
なにものにも代えがたい宝だと思うし 凄い人生与えられて感謝だと思いますね 
子供たちと言うのは非常に前を向いて生きていて 私にとっては本当に健気でとても愛おしい存在
なんです  彼らは文句を言えば限りなくあると思うんです
如何してお母さんは迎えにこないのかとか なんでこんな人生なんだ だったらやけになってやる
 もう知らない と言う事も可能なのに 彼らはそんな文句を一つも
云わず 健気に前を向いて 自分の将来を見据えて生きている 

私は彼らから教えてもらう事が沢山あって 彼らと一緒に生きていることが有りがたいと思っています
ある時 有る子供が 学校の先生に 「先生 どうも僕は産んだママに棄てられちゃったらしいんだよね 
でも 今のママは色んな物を買ってくれるし
色んな事を聞いてくれるし 幸せだから まあこれでいいかと思って」 と先生に言った 
言った後に子供が「でも このことはママには云わないでね」 って言ったから
先生は「判った 云わないよ」 っておっしゃったそうです その後先生は私にその内容をメモに
書いて 云わないで私に渡してくださった
8歳の子供がそう思ったのは 本当に素晴らしいと思った 
 「まあ いいか」と思ったこところをずーっと支えていてやりたい

「まあ いいか」と言うところがが「僕の人生素晴らしかったよ」と思うところまで 私はこの子供たち
を支えてあげたいんです
大きくなった高校生の子供が 或る時にこう言ったんです 「人は誰から生れたか なんて関係ない
んだよね どう生きたか なんだよね それが大事なんだよねお母さん」 
私は本当にそうやって生きてもらいたい 自分の過去 ルール それも大事かもしれないけど 
そういうものに捉われる事無く どう生きたか
自分の事をどう活かしきったか そうやって生きてもらいたいし そうやって活かしきる事ができる
ように 私は彼らを育ててあげたいし これからもずっと支えてあげたい