2012年3月31日土曜日

君原健二(元マラソンランナー)       ・スポーツ名場面の裏側で

君原健二(元マラソンランナー70歳)           スポーツ名場面の裏側で  
高校時代 無名選手で八幡製鉄に入社して、マラソンランナーとして成長して、東京オリンピック(23歳)、メキシコ、ミューヘンと3回のオリンピックに出場
メキシコ大会では銀メダルを獲得しました  
首も傾けて苦しそうな走る姿がトレードマークに成りました 
引退するまでの35回のレースでは全て完走
うち12回も優勝しました  日本男子黄金期のマラソンランナーでした
32歳で現役を引退 今でもフルマラソンを走っている 
合わせて引退後60回になる  3時間53分台で完走する
円谷幸吉寺沢徹と共に 東京オリンピックに参加 円谷は3分自己ベストを更新して 銅メダルを獲得 私は3分ベスト記録よりも遅かった 8位

円谷 トラック内で追い抜かれてしまった 
そのことがメキシコに向けて練習を開始することになる 
私は8位だったのでプレッシャーを感じることなく1年間は練習しなかった
円谷は結婚したいという女性がいたが体育学校の校長先生が横から反対の言葉を言った為に上官に逆らえずに、破談になる
私は1年後に結婚することになった  
私と円谷さんには大きな別れ目が有ったような感じがします
ボストンマラソンに結婚後1カ月後に参加して優勝することができた 
競技を止めてしまおうかとも思っていたが コーチからいまからできる時にやっておかないと行けないと   コーチから引き下がることなく繰り返し繰り返し言われた 
 
燃えるような熱い情熱の説得が続きまして 説得に遂に従わざるを得なくなって競技者生活に戻って行った
(退部届けまで出してあった)  
1968年1月 円谷選手は 27歳の若さで遺書を残して、衝撃的な死を遂げる
メキシコ大会で銀メダルを獲得することになる 
宇佐美、佐々木の3人が代表に選ばれた 
佐々木選手は当時世界最高記録を出しており 宇佐美選手も国内優勝しており 私は3人の中では3番目の実力であった
責任感の余りない位置にいたのでプレシャーを余り感じることなく大会に臨めたのが良かったような感じがする

43年10月20日 メキシコマラソンが開始される   
40kmでライアンが3位 君原4位 マモがゴールに到達してから2分後に君原がゲートに姿を現す ライアンがその後 100m後にいた 
普段後ろを見ないのだが後ろを振り向いたら迫っているのに気が付いて無我夢中で走りぬいた ゴールまで10kmで腹痛を起こす  
昭和47年ミュンヘンオリンピック 5位君原  12位宇佐美 という結果になった  
10km走った時点で調子がおかしくなってもうだめと思っていたが長い経験から身体が走れと言っているようで頑張った

子供時代は 16年生まれ 終戦が4歳   運動も勉強も劣等生だった 恥ずかしいと思ってた 少しでも恥をすくなくしたと言う思いがあった
陸上は中学2年生で始めるが とっても自分を主張することのできない気の弱い人間でした
駅伝クラブに入るのに断る勇気が無かった 
勇気が無かったので駅伝クラブに入ることになる
高校時代 3年生になって初めてインターハイに出場することができました    
1500mに出場して予選落ちだった でも満足していた 参加できたことに対して
円谷さんも5000mに出場していて矢張り予選落ちだった(後で知ったこと)
5年でオリンピックに出られるような位置にまで成長する
   
高橋コーチはスパルタ式  
欲張りなのでもう練習は終りだと言っても続けて練習したり コースでも出来るだけ長い方を走った 
1日 平均20kmは走っていた  (仕事をした後なので) 当時としては長く走っていた方である 北九州市は練習環境に恵まれていた  
東京オリンピックの頃 高橋コーチとは対立するようになった 
目標のポジションの差があった(私はとてもコーチの目標には出来ないと思っていた)
平均した走り方が合理的な走り方だと思っている   
5kmごとに時間確認をすればいいと思っていた 
時計も持たない 眼鏡、靴下も履かないようにした

21歳からマラソンを始める 10年半 35回 全て完走 優勝は12回 2位が8回 3位が5回   途中でやめたいとは思った時もあるが恥だと思いもあり走り続けた
マラソンを通して教える基本→  目標を持つことが大事 努力は必ず報われるもの 何十回何百回と努力を続けることで積み重なってゆく
ボストンマラソンの優勝者は50年後(75歳)に招待されるという事があり、それが4年後に迫っている 
ただ招待されるのではなく一緒に走って完走したいと言うのが目標
実現の為に毎年2回はフルマラソンに参加している  
今2~3日に一回 10km前後走っていまして 昨年の延べ距離は2200~2300km走っている
中学から走って、55年後に16万km走った計算になります 地球4周走った計算になる
人間の一歩は小さな力ですがそれを積み重ねる事によって本当に大きなものになり仕上げる事になると感じています